FC2ブログ

リネージュ2グランカイン鯖で遊ぶノムリエの日記です。

スポンサーサイト
-------- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
山梨ワイナリーツアーに行ってきました(その2 盛田甲州ワイナリー)
2018-06-24 Sun 12:12

山梨県ワイナリーツアーの後半は、山梨県のワイナリーのメッカ、甲州市勝沼町にあります「盛田甲州ワイナリー」の見学となります。

このワイナリーは、その名の通りソニーの創業者である盛田昭夫さんの一族が経営するワイナリーとしてワイン通の間では知られております。


IMG_1971.jpg


IMG_2018.jpg


IMG_1981.jpg



到着したのが12時半過ぎということで、まずはワイナリーに併設されているレストランで昼食となりました

IMG_1974.jpg


IMG_1978.jpg

メインディッシュには『山梨信玄鶏のグリル キノコのクリームソース』をチョイス🐓

ワインはもちろんシャンモリワインの甲州を合わせます



IMG_1989.jpg

自社畑のシャルドネ種の葡萄。


IMG_1994.jpg


IMG_1995.jpg

同じくカベルネ・ソーヴィニョン種の葡萄🍇

食用葡萄と比べると、実が小さく、かつまばらに着果しているのが分かります。



IMG_2008.jpg


IMG_2006.jpg


IMG_2003.jpg

これは出来上がったワインを瓶詰するライン。


IMG_1983.jpg

ワインセラーは地上の建物にあるため、エアコンで空調管理をしています。



一通り見学のあとには、もちろんワインのテイスティングとなります


IMG_2016.jpg

ここでも甲州やシャルドネ種から造られる白ワインと、マスカット・ベーリーAやメルロ種から造られる赤ワインを堪能。


IMG_2017.jpg

どれも素晴らしいワインばかりでしたが、特に印象に残ったのが限定7200本醸造の『柑橘香甲州辛口2017』

甲州葡萄から造られたワインは、香り・味わいともに控えめなものが多いのですが、このワインはその名の通り、なぜかレモンやグレープフルーツのような柑橘系果実の香りがはっきりと感じられます。

香りはシャトー・メルシャンの『甲州きいろ香』に似ているかなという印象ですが、価格は千円台後半と、とてもリーズナブル。

ゲームにはほとんどお金を使うことはありませんが、ことワインをはじめとするお酒にはVIP7レベルの課金をする私めは、さっそく晩酌用に数本購入いたしました(=゚ω゚)ノ


ほどよく酔いもまわってきたところで、この日のワイナリーツアーは終了。

リアルノムリエ経験値も1Gくらいはアップしたでしょうかw

また機会があれば、今度は葡萄が収穫される秋にでも訪れてみたいものであります(´∀`*)

スポンサーサイト

別窓 | ノムリエ日記 | コメント:2
山梨ワイナリーツアーに行ってきました(その1 シャトー酒折ワイナリー)
2018-06-23 Sat 11:06

グラ鯖では、この一週間で幾つもの爆弾が炸裂し、Z氏のネタなど銀河系の彼方まで吹き飛ばされてしまった感がありますΣ(゚Θ゚)

遊びの世界は混とんとしてきましたが、ノムリエとしてのリアル経験値大幅アップのため、“レイドツアー”ならぬワイナリーツアーに参加してきました🍇


この日訪れたのは、山梨県の有名ワイナリー2軒。

画像の量が多いので、本日は最初に訪れた「シャトー酒折ワイナリー」の様子をレポート

IMG_1929.jpg



IMG_1933.jpg

「シャトー酒折ワイナリー」は、その名の通り甲府市を一望できる酒折の丘にあります。


IMG_1932.jpg

山の斜面にある自社のブドウ畑🍇

日本に多い棚仕立てではなく、欧米流の垣根仕立てとなっており、実には一房一房に雨除けの傘が掛けられているのがわかります。

鹿の食害が多いため、畑はフェンスで囲まれておりました。


IMG_1930.jpg


IMG_1936.jpg


この日は、カリスマ醸造家である井島さん直々に、畑や醸造所をご案内いただきました。

これは葡萄を破砕する機械に続くベルトコンベア。


IMG_1937.jpg

破砕した葡萄を搾る圧搾機。


IMG_1941.jpg

赤ワインの発酵タンク。ミキサー車のようにグルグル回転し、果醪の撹拌を行うことができます。


IMG_1949.jpg


IMG_1951.jpg

発酵タンクと貯蔵タンク。


IMG_1934.jpg

外では熟成に使うフレンチオーク樽の洗浄が行われておりました。



醸造設備を一通り見学した後は、地下のワインセラーに移動。

IMG_1957.jpg


IMG_1955.jpg


IMG_1954.jpg

真夏の猛暑のときでもヒンヤリとしているという地下セラーでは、たくさんのワインたちが樽や瓶で熟成され、出荷の時まで深い眠りについておりました


そしていよいよお待ちかねのテイスティングタイム

IMG_1963.jpg


IMG_1964.jpg

この日、試飲した白ワイン4銘柄。

左からデラウエア、甲州(やや甘口)、甲州(辛口)、さらに自社畑のシャルドネで造られたフィネスを感じさせる上質の白ワイン。


そして、赤ワインは6銘柄をテイスティング。

IMG_1965.jpg

日本を代表するワイン用黒葡萄である“マスカット・ベーリーA”で醸された上質な赤ワイン。

左の2銘柄は樽で熟成され奥行きと複雑性があり、右の2銘柄は樽は使わず、フレッシュな果実味が感じられます🍇


IMG_1967.jpg

自社畑のブドウで造られた2銘柄。

左側はシラー、右はマスカット・ベーリーA となりますが、2012・2013ヴィンテージと飲みごろに差し掛かった熟成タイプ。

シラーは、フランス、北部ローヌを思わせる、繊細でエレガントなタイプで、味噌や醤油を使った和食にもよく合いそう。


酒折ワイナリーでは合計10銘柄を試したのですが、何れも日本人が造った丁寧さと繊細さ、上質感を感じさせるものでありました。

この日は朝5時半に起床し、朝食抜きであったため、既にここまででほろ酔い加減に・・・


ここまでで午前の部は終了となり、このあと「盛田甲州ワイナリー」に移動して、昼食・見学となります。

to be continued🍇

別窓 | ノムリエ日記 | コメント:0
| 酒仙シェエラザードのリネ2グラ鯖日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。